格闘技初心者だったら何歳から始めるとプロ格闘家になれる?

格闘技

今回は格闘技未経験で何歳からプロ格闘家になれるかをご紹介します。

今少しずつ格闘技ブームが再燃しはじめドンドン盛り上がってきていますが、何だか自分も試合に出てみたいななんて思っている方少なくないのではないでしょうか。

どうせやるならプロになって華やかな舞台で戦いたいと思いプロになるにはどうしたらいいのか気になりますよね!

そして何より気になるのは今から始めても遅いのではないかという事です。

そこで格闘技は何歳から始めるとプロ格闘家になれるのかをご紹介していきますので、どうぞ最後までご覧ください。

こちらもチェック!

【MMA】日本の総合格闘技!修斗・DEEP・パンクラスの特徴や違いをご紹介!
日本の3大MMA格闘技団体修斗・パンクラス・DEEPについて分かりやすくご紹介しています。 団体どれぞれに特色もあるので、少しでも理解すると格闘技観戦が更に楽しくなること間違いなしです!
しんぺー

スポーツを応援する整骨院院長です。
ブログを通してあらゆるスポーツを応援します。
できるだけわかりやすくシンプルに!

しんぺーをフォローする

あなた好みにカスタマイズできる【スマートニュース】

プロ格闘家になにはどうしたらいいの?

David MarkによるPixabayからの画像

何をやりたいかを決める

一口に格闘技と言っても様々なジャンルがあります。

そしてどれをやるかによって大きく格闘技人生が変わってきます。

まずは何を始めたらいいのか悩んでいる人は、好きな選手がやっている格闘技だったり、直感でもいいので決めてやってみましょう!

もし、違うなと感じたらやめてまた新たに考えればいいのです。

実際国内でプロとして成り立っている主な格闘技をご紹介していきましょう!

ボクシング

ボクシングは日本で昔から根強い人気がある格闘技です。

ボクシングはパンチのみで相手と戦いますが、その迫力と攻防は見ている方も手に汗を握りますよね!

またボクシングは日本国内よりも世界中で人気があります。

特にアメリカでの人気は凄まじく、ファイトマネーも日本とは雲泥の差となっています。

格闘技の中では一番稼げるスポーツかもしれませんね!

キックボクシング

キックボクシングはパンチと蹴りを使い相手と戦う格闘技で、実は日本発祥の格闘技なんです!

そして日本にはK-1やRIZE、RIZINと人気の格闘技団体があります!

一昔前ではアンディフグや魔裟斗、現在は武尊や那須川天心等聞いた事あるような選手たくさんいると思います。

日本で格闘技で有名になりたい方はキックボクシングが一番有名になりやすいのではないでしょうか。

迫力あるパンチと、華麗な蹴り技を使うキックボクシングは見た目もかっこいいですし、モデルの方もトレーニングに取り入れていたりするので、スタイリッシュな体作りにも向いています。

プロレス

プロレスはエンターテイメント要素を含んだ格闘技です。

プロレスと言えば昔から日本で愛されている格闘技エンターテイメントで、力道山から脈々と継承されてきました。

そして現在では新日本プロレスを筆頭に多くのプロレス団体が活動し、盛り上がりを見せています。

プロレスラーはお客さんをいかに楽しませるかを体を張って表現をします。

そんなプロレスラーになるには頑丈で動ける体を作る事が最低条件です。

MMA(総合格闘技)

MMAとは打・投・極の全てを駆使して相手と戦う総合格闘技です。

そして現在は一時期の格闘技ブームに追いつくほどの勢いで注目と人気を集めている格闘技です。

地上波ではRIZINそしてYOUTUBEにも多くの格闘家が参戦しています。

他の格闘技よりもやることが多いので、強くなるためには多くの練習量と経験が不可欠です!

打撃が得意なストライカーや、組技が得意なグラップラー等様々な特徴がある選手たちがどっちが強いかを決めるという熱い戦いが繰り広げられます。

練習次第でいくらでも強くなれますよ!

ジムを探す

ある程度自分がやりたい事が決まればジムに入会しましょう!

ジムに入会する事でまずは格闘技がどういうものかを体感しましょう。

そしてジムでしっかりと練習し、プロになりたい思いをトレーナーに伝え思いが届けばプロになる為のプロセスを示してくれるはずです。

後はプロになる為に必死に練習をします!

その実力と成長に合わせてプロになれるかどうかも判断してくれると思うのでとにかく練習です!

まずはアマチュア大会に出場

ある程度格闘技の形ができて試合ができるほどの実力になれば、アマチュアの大会に出場しましょう!

そこである程度経験と実績を積むことによってプロの試合にオファーされます!

特に格闘技未経験の方はアマチュアの大会でしっかりと実績を積むことがプロへの道の第一歩となります。

プロレスは入団試験に合格すること!年齢制限に注意!

プロレスラーになる方法は簡単ではないですが至ってシンプルです。

それはプロレス団体の入団試験を受けて合格することです!

入団試験の募集要項や入団資格は団体によって違うので、しっかりとチェックしておきましょう!

入団試験ではほとんどが体力試験があり、プロレスラーになれる資質があるかを見られます。

もし入団試験に合格すれば、後はプロデビューできるまでに体を鍛えて鍛えまくるのです!

これがとても大変なのですが、これさえ乗り切ればプロレスラーになれますよ!

ボクシングはライセンスを取得!年齢制限に注意!

プロボクサーになるにはプロライセンスという資格を取らなければいけません。

逆に言うとライセンスさえとればプロボクサーになることができます。

しかし、プロライセンスを取る為のプロテストにはいくつか条件があります。

  • 日本プロボクシング協会に加盟しているジムに所属している事
  • 16歳から34歳までの男女
  • コミッションドクターによる健康診断に合格

これらの条件はそんなにハードルは高くないかなと思います。

そしてなんとプロテストの合格率は約90パーセントもあるんです!

その理由はジムで合格できるレベルになってからプロテストを受けさせてくれるからです。

プロボクサーになるにはまずはジムのトレーナーに認めてもらえれるように一生懸命練習しましょう!

プロ格闘家になるには何歳から始めた方がいい?

Mirko ZaxによるPixabayからの画像

よくプロになるには〇歳から始めるのは遅いですかという質問がネットで見られます。

その気持ちはよくわかります!

今からやって遅いなら練習しても無駄になちゃうかもと思いますもんね!

そこで実際どうなのかを考えていきましょう!

年齢制限はあるが何歳でもなれる

格闘技によっては、年齢制限があり物理的になれないというものもありますが、プロには何歳から始めてもなれると思います。

もちろん小さい頃から何かしらの格闘技を習っていた方が有利かもしれませんが、格闘歴長いからと言って勝てるという訳ではありません。

20歳からだって30歳からだって本気で格闘技と向き合い必死に練習すれば絶対に強くなります!

そして絶対にプロのリングで戦うんだという気持ちがとても大事です!

プロには何歳から始めても努力次第でなれますが、若くても努力しなければ絶対になれません。

強い意志が必須です!

覚悟と努力次第

RIZINバンタム級チャンピオンの堀口恭司選手のツイートが一番響く言葉ではないでしょうか。

格闘家になると覚悟を決めてやるだけです!

自分がどうしたいかどうなりたいかを考え実行することによって、格闘家への道が開けると思います。

例えプロのリングに上がれなくても自分が格闘技を通じて強くなればそんなこと関係ないと胸を張って格闘家を名乗れるようにきっとなると思います!

それがプロ格闘家になる一番の近道だと思います!

まとめ

いかがでしたか?

プロ格闘家になるには年齢制限があることもありますが、年齢は関係なくなれますよ!

後は覚悟と努力次第ではないでしょうか!

もしなれなくても、プロになる為にしてきた努力や経験はきっと自分自身を大きく成長させてくれます!

今後も多くのかっこよくて強い格闘家が出てきてくれたらなと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました