オリンピック応援企画!空手のルールや魅力は?注目選手や見所もご紹介!

オリンピック

今回はオリンピック種目である空手について詳しくご紹介します。

空手は2020東京オリンピックから正式種目にとなる今大会の目玉種目の一つです。

空手は日本ではとても馴染みのある武道ですよね!

しかし、ルールを知らなかったり見たことない人もきっと多いのではないでしょうか!

そこでオリンピックでの空手のルールや見所について詳しくご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

こちらもチェック!

オリンピック応援企画!3×3バスケットボールの魅力は?ルールや注目選手もご紹介!
今回はオリンピック種目である3×3バスケットボールの魅力をご紹介していますのでどうぞ最後までご覧ください!
オリンピック応援企画!アーチェリーの魅力は?ルールや注目選手もご紹介!
アーチェリーはオリンピックの中でも注目される競技の一つですが、今回はアーチェリーのルールや魅力をご紹介しています!
オリンピック応援企画!トランポリンの魅力や見所は?ルールや注目選手もご紹介!
今回はオリンピック種目であるトランポリンの魅力をご紹介しています!
しんぺー

スポーツを応援する整骨院院長です。
ブログを通してあらゆるスポーツを応援します。
できるだけわかりやすくシンプルに!

しんぺーをフォローする

空手とは?

woodpeace1によるPixabayからの画像

空手の発祥は沖縄で古くは琉球時代までさかのぼります。

そして日本全国に広まり戦後まもなく世界中に普及していきました。

空手は手や足を駆使し、突きや蹴り等の打撃で相手を倒す武道ですが、オリンピックではスポーツ空手として、技や空手の流れを魅せる形と、相手へいかに正確に攻撃できるかを争う組手の2種目があります。

ルールは?

組手

[Kumite, Karate]-Tradition meets modern #1 空手・組手編

組手の試合時間は3分の寸止めのポイント制で、より多くポイントを取ったほう、または先に8ポイント差をつけた方が勝ちとなります。

そのほかの詳しいルールをまとめるとこのようになります。

  • エリア外へ出ると反則
  • 消極的な行為は反則
  • 掴む行為は反則
  • 反則にはC1とC2というカテゴリーがあり、どちらか片方が4回溜まると反則負け
  • 中段突きは1ポイント
  • 上段突きは1ポイント
  • 中段蹴りは2ポイント
  • 相手を倒してからの突きは3ポイント
  • 上段蹴りは3ポイント

このように技の難易度によってポイント差があります。

技の駆け引きとポイントの駆け引きにも注目です!

[Kata, Karate]-Tradition meets modern #1 空手・形編

形は攻撃と防御を混ぜ合わせた演武で102種類の形から選び披露します。

形は採点競技となっています。

  • 7人の審判が点数をつける
  • 先攻後攻の1対1の対戦形式での採点競技
  • 技のスピード・立ち方・正確な呼吸・タイミング・流動性・空間把握・極め・バランス・力強さ等が採点される
  • テクニカルポイント70パーセントアスレチックポイント30パーセントに分けて採点される
  • 審査員7名のうち上位の点数2名と下位2名の点数を排除した点数の合計点で競う
  • 同点の場合違う形で再演

形は採点競技なので素人目には中々採点基準が分かりづらいですが、迫力と緊張感が伝わる方を純粋に楽しんで見るのが楽しいと思います。

空手の見所や魅力は?

組手はスピードと迫力が魅力!

組手の魅力はそのスピードと迫力です!

相手の隙をつき有効打を繰り出すためにはスピードと正確性がとても重要となります。

オリンピックで採用されている空手は寸止めなので相手へのダメージが関係ない分物凄いスピードで相手の間合いに飛び込み突きや蹴りを狙います。

その攻防は一瞬何が起こり、どちらに点数が入ったのか分からない程です。

またその一瞬の攻防の裏には息を飲む駆け引きが隠れています。

試合の動きがないように見える時も選手同士はお互いの隙を見つけたり、作ったりと見えない駆け引きを行っているのです。

その緊迫した空気と一瞬の攻防は見るものの息を止めてしまう程の緊張感ではないでしょうか!

見たことある人もない人も、そんな魅力がたっぷり詰まった組手に注目しましょう!

形の見所はキレと迫力!

形と聞くともしかしたら見ていても暇だなーと感じる方もいるかもしれません。

しかし、形を一度見るときっとその迫力に多くの人が驚くとはずです。

形は洗練された技術・呼吸・間・気迫・正確性など様々な要素が重要で、その芸術とも言える演武にはきっと度肝を抜かれると思います。

そしてもう一つ注目しておきたい見所は、演武の選び方です。

形は1試合毎に変えなければいけません。

形はトーナメントで争われるので、どこで得意な方で勝負するのか等の選択も大きく勝敗を分けてしまいます。

得意な形を出し惜しみしすぎてしまい、負けてしまえば元も子もありません。

しかし、得意な形を序盤で出してしまうと強敵と当たった場合不利な状況に陥ってしまいます。

特にオリンピックは最も重要な大会の一つです。

形を選ぶだけでも相当なプレッシャーがあるはずです。

形は応援している選手の得意な形を把握しておくと更に楽しく見れますよ!

強豪国や注目選手をご紹介!

大偉業達成!喜友名諒・9連覇はここから始まった!2012年全日本空手道選手権決勝戦演武 Ryo Kiyuna's 9th straight victory began with this Enbu!

強豪国

空手の強豪国は日本と言いたいと事ですが、実際そうではありません。

どの国も強く力は拮抗しています。

特にフランス、スペイン、イタリアなどのヨーロッパや、イラン、エジプト等の中東、ベトナムやタイも強い国です。

どの国がメダルをとってもおかしくないですが、日本も負けていません。

特に形では日本がトップを取り続けています。

組手も形も確実にメダル候補に上がる事は間違いありません。

開催国というアドバンテージもあるので、ぜひメダルを獲得して欲しいですね!

日本の注目選手

ツイッターやインスタをされている選手のリンクやプロフィールを貼りましたのでぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

空手の魅力や見所をご紹介しました。

空手は日本の選手が活躍する可能性がとても高いのでぜひ注目して見ていただけたらと思います。

みんなで応援しましょう!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました